Btown
Amazon
Google広告
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 三菱自動車、900人追加削減へ | main | 米国が直面するサイバー攻撃の脅威 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
テキストメッセージで婚約破棄された男性、元フィアンセを訴える マレーシア
【1月7日 AFP】マレーシアの男性が、携帯電話のテキストメッセージを介して婚約を破棄されたとして、イスラム法廷を通じて元フィアンセを訴えている。国営ベルナマ(Bernama)通信が6日報じた。

 訴えを起こしたのは、グラフィックデザイナーのムハンマド・サレ・ムハマド・ユスフ(Muhammad Salleh Muhamad Yusuf)さん(46)。ユスフさんと28歳の元フィアンセは、今月17日に結婚する予定だったが、前月に突然、元フィアンセの父親から、娘をあきらめてほしいとのテキストメッセージが2通送信されてきたという。

 ユスフさんは、元フィアンセに対し、結婚式のキャンセル料などの名目で7万リンギット(約190万円)以上の損害賠償を求める訴えを起こした。

 ユスフさんの弁護士は、「2人は互いの合意のもとで婚約した。原告は、フィアンセが婚約破棄をした理由を知らされていない」と話している。

 マレーシアで、テキストメッセージが絡んだ「もめ事」が法廷に持ち込まれた例は、今回が初めてではない。3年前には、妻の携帯電話にテキストメッセージとボイスメール各1通を送って離婚を告げた上院議員が、イスラム法廷で罰金刑を言い渡されている。


外国ではまだ結婚していない元フィアンセまでも訴えて損害賠償を請求するんですね。
っていうか、ユスフさんの名前長すぎ・・・w
| - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://qtown.jugem.jp/trackback/98
トラックバック